L
o
a
d
i
n
g
.
.
.

昨日はクラシック、今日はポップス♪オールジャンル指導すること

皆様こんばんは。
昨日まで関西で声楽(クラシック)のレッスンとその生徒さんの歌の祭典。
そして今日はユーミンにSalyu…

エライ違うジャンルです。

よく声楽の先生がポップスをクラシック風に教えてしまうことがありますが、その心配はご無用です(笑)
そのために私は演奏活動をやめ、トレーナー活動一本に絞りました。
演奏を続けながら指導すると、どうしても自分の発声の都合で教えてしまったり、たまたま自分でうまく行った方法で教えてしまったり、
どのジャンルの人にも自分のジャンルの発声を知らず知らずに押し付けてしまったりしがちです。
でも現役プレーヤーに教わる利点もたくさんありますから、そこは生徒さんの求めるものでかわってきます。

私は両方、さらにナレーションや俳優さんのボイストレーニング指導をさせていただく中で、
それぞれの長所を活かしあうことができるようになりました。

ではボイストレーナーを目指す人に、オールジャンル指導することを勧めるか?と言えばそうでもありません。

私は一時期、クラシックもポップスも両方ともどう指導したらいいのか、これで合ってるのかとても迷いました。
つまり中途半端にやると、どっちもダメになります。
それでもやはり、研究を止めず、その迷いを乗り越え、得たものはやはり大きかった。とても大きかったのです。
もしみなさんの中にそういうボイストレーナーになりたいという方がいらっしゃいましたら、その辺りもご相談に乗りますので、ひとつ頑張ってみてはいかがでしょうか? にほんブログ村 音楽ブログ ヴォーカルへ

↑ブログランキングに参加しています

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback